クライミングジムgugu!はボルダリング専門のジムです。ボルダリングが初めての方でも楽しく遊んでいただけます。

まずはボルダリングってどんなもの?というご紹介。不安な方もこのページを読めば、私もできそう!と思っていただけると思います。


ボルダリングって?

クライミング中の画像

ボルダリングとは、フリークライミングという、岩を登るスポーツの中の一ジャンルで、

最低限の道具(専用のシューズと滑り止めのチョーク)を使用し、

自分の手足で岩を登るスポーツです。

ボルダリングジムでは、岩を見立てた“ホールド”という突起物を付けた、

高さ3~5m程度の壁に課題が設定されており、

設定された課題に沿ってスタートからゴールまで登っていきます。

力が強くないと遊べない?

ボルダリングは、やはり腕の力が強くないとできないのでしょうか?

最近はボルダリングが普及してきたこともあり、腕だけでなく、体幹や足の筋肉など、全身の筋肉を使うスポーツであるということが知られるようになってきましたが、筋力がないから、身体が重いから、身体が固いから、運動神経が鈍いから・・・と躊躇されている方も多いようです。

でもそんな心配は無用です!

確かに力が強い、身体がやわらかいなど、基本的な身体能力が高いほうが上手になるのは早いです。(このことは、どんなスポーツでも一緒だと思います)

でもちょっとした身体の使い方など、自分自身の能力を研究してトライしていくことで、筋力がなくても、身体が固くても、もちろん運動音痴と思っている方でも、登れる課題はたくさんあります!

ですから、運動ニガテだから・・・と思っている方も是非体験してみてください。むしろそんな方にこそ遊んでいただきたい。

他の人と対決をして登るわけではありません(コンペなどでは対決することもありますが)。自分のペースで、自分の身体と向き合いながら、パズルを解くように楽しんで登るのがボルダリングだと私は思っています。

他の人と同じように登れなくてもいいんです。自分の登りを見つけてゴールできた時の爽快感はやみつきになりますよ!

必要な道具はある?

ボルダリングで必要な道具は、専用のクライミングシューズと滑り止めのチョークのみ。

専用のシューズとチョークはお店でレンタルできますので、あとは動きやすい服装だけでOK!

レンタルシューズでは靴下の着用が必要になりますので、靴下を忘れずに持ってきてくださいね。

基本的なルール

ボルダリングのルールは非常にシンプルです。

ジムにおいては、ホールドのそばに様々な色や形のテープを貼り、同じ色形のテープがついているホールドのみを使って登ることで課題を作っています。

その登り方は・・・

  1. 登る課題を選ぶ
  2. 選んだ課題のスタートに指定されたホールドを両手で持ち、足を地面から離し、ホールドに足を乗せた状態でスタート。
  3. 指定されたホールドのみを使用してゴールまで登る
  4. ゴールに指定されたホールドを両手で持ち、安定した状態が保てればゴール!

これだけです。

 

クライミングジムgugu!では、課題の難しさをテープの色、課題の種類をテープの形で分類しています。

 

安全に関して知っておいてもらいたいこと

ボルダリングは誰でも気軽に楽しめるスポーツです。ですが怪我や事故のリスクを伴うスポーツでもあります。危険な行為は、ねん挫や骨折などのけが、場合によっては後遺症を残すような大事故にもつながりかねません。

皆さんに安全に楽しく登っていただくために、安全上のルールは是非知っておいていただきたいです。

 

登っている人の下や付近には近寄らないようにしましょう

 課題にトライしている方は下が見えませんので、登っている人の下にいることは大変危険です。登ってい人が転落して、万が一下にいる人と接触して事故になった場合、下にいる方の責任になりますので、登っている人の下に入らないようにしましょう。また課題によっては真下だけでなく、斜め方向やに落ちてくることもありますので、近くに登っている人がいる時には注意しながら行動するようにしましょう。

 

1つの面の壁に同時に2人以上で登らないようにしましょう

 課題は真上に向かって登るばかりでなく、斜め方向に登っていくものや、ジグザグに登っていくものもあります。コースの途中で課題が交わることも多いので、登るときには自分が登るコースを確認して、コース上に登っている人がいないか確認しましょう。コースが交わっていなくても、近くに登っている人がいると接触することもありますので、1つの面の壁に他の人が登っていたらその人のトライが終わるまで待ってから登るようにしてください。

 

マットの上で寝転んだり走ったりしないようにしましょう

 マットの上はどこから人が落ちてくるかわかりません。課題によっては数メートル飛ばされれて落ちることもあります。そのため、マットの上で座る、寝転ぶなどの行為は、とっさのとき対処ができなくなるため、大変危険です。また、マットは足を取られやすく、走ると転ぶ危険性もあります。マットに乗るときはゆっくり移動し、課題を登る、課題のルートを確認するときだけにして、休憩をする際はマットの外でお願いします。